犬VS猫 パート2

猫が本気出すとコワイデス

トイプーの投げ技凄いですね!
やっぱり、大きい犬は強い?
猫は気が強く、犬は優しい?
犬種によるのか個体差なのか、調べてみました。




犬と猫どっちが強い?

犬と猫の武器

犬は歯、猫は歯と爪
犬と猫、喧嘩をする際の武器の数は猫の勝利です。
犬が喧嘩をするときの攻撃手段は、口で相手を噛むことが主な攻撃方法になります。
つまり、犬は口にさえ気をつければ大きなダメージをくらうことはないということです。
代わって猫の攻撃手段は口と、鋭い爪による引っかき攻撃、または猫パンチがあります。
そのため、猫は犬よりも攻撃のリーチが長いため、喧嘩のときの攻撃手段としては猫のほうが武器が多いため、猫は犬よりも強いと言えるでしょう。
また、鋭い爪による引っかき攻撃はダメージが大きく、犬がもしも目や喉に引っかき攻撃をくらってしまうとたじろいでしまうでしょう。


力の差

筋肉量は犬のほうが強い
犬種にもよりますが犬と猫の筋肉量を比べると、大型犬も揃えている犬のほうが強いと言えるでしょう。
猫は力があまり強くない分、俊敏な動きで犬の攻撃をかわし、分が悪いと見たら猫は逃走を図るでしょう。
噛む力も犬のほうが強い
犬を飼っている人は、犬の噛む力が強いことは知っているでしょう。
犬とボール遊びをした際、ボールの引っ張り合いで犬に勝てることはないに等しいくらいに、
犬の噛む力は強いです。
逆に猫は噛む力はそこまでありません。


フットワーク

フットワークは猫の圧勝
例えば、犬や猫の身に危険が及んだとして、足元の悪い中で逃げるスピードが早いのは
圧倒的に猫のほうです。
犬は直線的に走るスピードはかなりのものですが、猫はとびきりのジャンプ力も持ち合わせている為、機動力に関しては猫のほうが強いと言えます。
犬が猫と戦うときは正面からぶつかっていきますが、猫はいわゆるヒット&アウェー戦法で戦うことが多いでしょう。


結果

猫のほうが強い、犬は本気を出せば強い

犬と猫が喧嘩をしたとき、結果としては猫のほうが強いでしょう。
猫は分が悪ければ逃げることが出来ます。
また、喧嘩の際に鋭い爪により犬の急所を引っかくことが出来れば、犬は戦意を失ってしまうでしょう。
犬の噛み付き攻撃は、猫パンチにより距離をとられ隙あらば猫の引っかき攻撃が飛んできますので、フットワークのある猫のほうが喧嘩をしたときには犬より強いと言えます。


猫は恨みを忘れません(笑)
うちの実家猫は無理やり抱っこしたり、通せんぼした甥っ子に対して、見ただけで威嚇します。
しつけの為に軽く叩いた飼い主にさえ、機嫌が悪いと横切っただけで猫パンチが飛んできます。
猫の爪の引っかき傷は痛いんですよね・・・爪をとる手術があるようですが、コワクテ。。。
猫の飼い主さんはどう対策されてますか?

にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking