犬の不思議な能力

f:id:Hysteric:20190530214759j:plain

犬が持っている「不思議な能力」

犬が言葉を覚える能力は人間の3歳児レベルと言われていますが、人間にはない不思議な能力があるようです。

そんな不思議な能力を紹介します。

病気の兆候を教えてくれる!

犬の嗅覚は人間の10,000倍〜100,000倍といわれており、人間が普段気づかないような微妙な匂いを察知できます。そのため、もし飼い主の体に何か問題がある場合、彼らは吠えて知らせてくれます。

患者の体内でつくられる揮発性有機化合物「VOC」の匂いを嗅ぎわけることができ、癌を患っている人に気づける可能性があるのです。

呼吸や汗の匂いから、死の危険性がある病気や糖尿病を患っている人も嗅ぎわけられ、また癲癇(てんかん)患者に対しては発作前に吠えて知らせてくれます。

妊娠・出産のタイミングを察知できる!

飼い主の女性が妊娠することで、犬は気配りできるようになったり、用心深くなるといいます。

先ほど紹介した通り、犬の鼻は非常に優れています。

女性が妊娠した場合、そこから発せられる匂いに素早く気づくのです。

また、女性の排卵時期にはいつもよりフェロモンの匂いが強くなるため、女性の下部を頻繁に嗅ぐようになります。

初めて犬と会った時に、脇の下や股間を嗅がれたことはありませんか?

この“デリケートゾーン”は汗をかきやすく、その人独特のフェロモンがでるところでもあります。この匂いから犬は人を判別します。

地震予知!?自然の変化に気づく

猫がいなくなるのは地震の前兆だと言いますが、これと同様に犬も地震を予知できると言われています。

ただ猫とは違い、地震の予兆を感じても逃げずに吠える回数が増えるのです。

犬は人間の2倍勘が優れていると言われ、音に対しても人間の4倍敏感。

空気圧の変化や、重力の微妙な違いに素早く気づくため、事前に自然災害を察知できるのです。

 人間の正しい行いを判断できる

ミラノ大学では、犬のなつきやすさを調べる実験を行ったようです。

彼らはまず二つのグループに役者を分け、片方の役者たちにはホームレスに食事を分ける優しい人を。もう一方の役者たちには、ホームレスに対して怒鳴る冷たい人を演じてもらいました。

その結果、優しいグループに犬がなつくことが判明しました。

この実験が示すのは、犬は人間同様何が正しくて何が間違っているのかを判断できるということ。自分勝手な行動ばかりしていると、犬がなつかなくなるかも。

人間の“敵意”を感じることができる

あなたがもし嫌いな人に会ってしまった時、犬はそのことに気づきます。

微妙な態度や声の違いを察して、嫌いな人からあなたを守ろうとします。

一方、あなたが好きな人に会った時も同様に分かります。

これは、幸せな時に体からでる“ドーパミン”を察知できるからです。

人間の感情を読み取る

飼い主がストレスや怒りを感じているとき、犬も非常にストレスを感じている。

また飼い主が悲しんだり落ち込んだりしていると彼らは体をぴったりとくっつけて寄り添ってくれます。

飼い主が油断しているのを見逃さない

飼犬は賢い。賢いが故、時にはずるいこともします。

犬は飼い主が自分に注意が向いていない時、つまり意識が他に行っている時のことをよくわかっている。例えば、ほんのちょっと目を離した隙に何かいたずらをされてしまった、という経験はありませんか?
犬たちは「よし、今なら大丈夫!」と、飼い主がすぐ傍に立っているにもかかわらず、意識が自分ではない他に向いていることを感じ取り、目を盗んで悪さをしてしまいます。

ひいきを見破る

「Proceedings of the National Academy of Sciences」が発表した最近の研究では、犬は自分の目の前で起こる“不公平さ”を理解しているということがわかったという。その研究では、研究者が犬同士をペアにし、両方に同じ服従のコマンドを教える、そして一方の犬にはご褒美のおやつを与え、もう一方には何も与えないということを行った。 すると、何も得られなかった犬はその服従のコマンドを止めてしまい、研究者へ意識を向けることもしなくなってしまったのです。

犬も人間と同じようにすねるということもあるよう。

特に多頭飼いの人は公平に扱うよう注意が必要かもしれないですね。

嘘をつく人を信用しない

京都大学の研究者らが、ある34匹の犬を研究し発見したことを「Animal Cognition」に発表した。犬は人間が指し示す場所や物を探索するという性質を持っている。

その性質を利用し、「人間が犬に嘘をついているかどうか」を判別することができるのかを検証した。まず、容器を2つ用意し、1つには食べ物を入れ、もう一つは空の状態にする。最初に食べ物の入っている容器を見せ、それを指さした。次に空の容器を見せ、指さす。空の容器に向かった犬たちはここで期待を裏切られる。

そして再度、食べ物の入った容器を指さすのだが、犬たちは「この人は嘘をついている」と判断し、食べ物が入っているにも関わらず指し示した容器を追わなかった。

このことから、犬は自分をだました人間を信用しない、また騙そうとしていると判断している、ということが分かったのだという。簡単な実験であるが、自分の愛犬を騙したりからかったりして遊んでいる人は要注意です。

犬は飼い主が思っている以上に、飼い主の行動や気持ちを敏感に感じ取っているのでしょう。

 

犬の不思議な能力

一緒に居るだけで癒され幸せにしてくれる犬。

身体能力も高いうえに、こんなにすごい能力があるとは驚きです!

 

愛犬家のみなさんコチラ👇は体験している方が多いかと思います。

「人間の“敵意”を感じることができる」「人間の感情を読み取る」

「飼い主が油断しているのを見逃さない」「ひいきを見破る」

 

私も愛犬2匹いますので、

「飼い主が油断しているのを見逃さない」これは笑っちゃうくらいあります。

老犬のミニピンはしませんが、2歳のイタグレがトイレシートを片付けている事を確認しつつ、隙をみてテーブルの上のコップをペロペロ・・・。

躾がなっていないですね(汗)

かわいさ余って甘やかしがちですが、体に悪い物を口にしたら大変なので根気よく躾ます!

 

「犬が言葉を覚える能力は3歳児レベル」と冒頭で書きましたが、実際に覚えられる言葉の数は100~250?

 

なんと!1000個

は訓練次第で覚えられると言われています!

そう唱えるのは、アメリカのカリフォルニア州にあるウォフォード大学で心理学を教えるピリー名誉教授です。⇓

wankomate.com

gendai.ismedia.jp

 

犬は言葉を理解してる?ある大学で行われた実験

犬にMRI装置をつけ、飼い主の匂いを嗅がせる実験を行った結果、犬の脳の報酬系が反応していることを突き止めました。報酬系とは、脳の神経の中でも特に、その個体に「快」(心地良い)の感覚を与える神経系の事を指します。 他の犬の匂いや他の物の匂いなどを嗅がせた時と比較しても、特に人間の匂いに特に敏感に反応していることも分かったといいます。 この実験結果を一言で説明すると、「犬は人間が好き」ということです。人だ!ということも理解しているのでしょう。研究チームが発見した犬の感情の理解能力 また、11頭の犬に200種類以上の音を聞かせた結果、泣き声などの感情的な音に対して、犬の脳も人間と同じような処理をしていることが分かったのです。 生物学的にも犬は人間の対して好感を持ち、その人の感情を理解しているということが言えるようです。 また、そうして人と同じように犬にも喜びや・悲しみ・嫉妬などの感情はあると言えるそうです。

 

犬は言葉(音)に反応し、そのあとの人間の行動(動き)を目で見ることで学んでいくのでしょう。泣き声(音)がしたあとは、悲しそうな動き。 笑い声(音)がしたとは、嬉しそうな動き。お散歩いく?という声(音)がしたあとは、自分とお出かけタイム。 そういった積み重ねで言葉が理解できるようになったのでしょうね。

人の言葉を理解というよりも、言葉を音として捉えて、それらを覚えていくような感じではないでしょうか。  

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

犬は「あ・い・う・え・お」の母音は聞き取れるものの、子音の聞き分けは得意でないと言われていますので、犬の名前やコマンドも聞きとりやすい言葉を選ぶといいでしょう。

 

「犬の覚えられる言葉」

うちの愛犬の場合、さんぽの「さ」で反応、「さん」で、すでにテンションMAXになり我が家では、軽々しく言えない言葉の一つになっております。 「ゴハン」「ハウス」「オスワリ」「フセ」「マテ」「さんぽ」「行く?」 「テレビ見て」「ち~んして(呼び鈴)」「バーン!」「ネンネ」「ジャンプ」

「ダメ」「ヨイショして(トイレの事)」「ガム」「おやつ」「おもちゃ」

「ボール」「家族の名前」「自分の名前」「おいで」

「シューするよ(いたずら防止スプレー)」「お水飲んで」「食べる?」

「遊ぶ?」

こんなもんだと思います。書いてみると少ないですね。

 

みなさんの愛犬はどうでしょうか?

 

にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking