犬猫の尿結石

f:id:Hysteric:20190601171204j:plain

犬、猫の尿結石について

尿結石症は、結石が尿の通り道である腎臓、尿管、膀胱、尿道にできて粘膜を刺激し痛みが生じたり、尿が排泄できなくなったりする病気です。

場合により、なかなか治らなかったり、再発を繰り返すこともあり、一生処方食などの食餌管理が必要となることもあります。

病気の原因をよく理解して改善しないと寿命が短くなることもあります。 

尿結石の種類

結石を構成する成分により数種類の結石に分類されます。

シュウ酸カルシウム結石

ストルバイト結石(リン酸アンモニウムマグネシウム)、
尿路感染によって形成されるリン酸マグネシウムアンモニウム結石

それ以外に稀ですが、尿酸塩、シリカ、シスチン、キサンチン結石などがあります。

肉眼・X線検査・エコー検査などでわかるような大きさの結石と顕微鏡などで観察するとわかる結晶として区別できますが、結晶は結石の危険因子と言えます。

 

犬、猫の尿路結石のほとんどはストラバイトかシュウ酸カルシウムが主成分の結石で、若干ストラバイト結石が多いです。

原因

細菌感染

細菌が感染してPHが変化したり、結石の発生要因となります。

不適切な食餌やおやつ

結石の成分である、ある種のミネラルの過剰摂取。

尿のPH

結石結晶の種類により、酸性やアルカリ性になると析出してくる。

尿量や排尿回数 

尿量が少なければ尿は濃くなり結石・結晶はできやすくなる。

犬種

特定の犬種において 発生しやすい傾向があります。

猫は泌尿器系の病気になりやすい

【ストルバイト】

ミニチュア・シュナイザー、シー・ズー、ピション・フリーゼ、ミニチュア・プードル、コッカー・スパニエル、ラサ・アプソなど

【シュウ酸カルシウム】

ミニチュア・シュナイザー、シー・ズー、ピション・フリーゼ、ミニチュア・プードル、ヨークシャー・テリア、ラサ・アプソなど

【尿酸塩】

ダルメシアン、ヨークシャー・テリア シスチン:チワワ、ダックスフント

症状

*いつもと違うところで排尿する

*血尿(尿に血が混じる。しかし薄い場合肉眼ではわからない)

*ひん尿(何回も少量の尿を出し、痛がる、しぶる)

*下腹部を触られるのを嫌がる(どこか痛そう、沈鬱な表情)

*尿が出にくくなる

*ぐったりして動けない、吐き気がある (結石によ る尿閉、腎不全)

嘔吐や尿が全く出せない症状がある場合は、尿路に結石が詰まっている可能性があります。放置すると尿毒症になり、数日以内に命に関わる状態に変化する可能性がありますので、早急に動物病院に相談しましょう。

必要な検査

尿検査 

血尿、細菌の感染、結晶・結石の有無を調べます

細菌検査 

場合により尿中の細菌を同定し、どの抗生物質が効くか調べます

レントゲン検査 

結石の有無をX線にて調べます。

あまりに小さい場合や骨盤内は骨と重なって見つけられない場合があります。

エコー検査 

腎臓内・膀胱内の結石を見つけられる場合があります。

血液検査 

腎臓のダメージを確認します。

結石同定検査 

結石の成分が何かを調べます。

細胞検査 

膀胱内などに癌ができ、二次的に結晶・結石が発生することがあります。

治療

基本的には原因を除去することを行います。

完治が困難であったり、再発を繰り返す場合があります。 

抗生物質  

感染細菌に効果的な抗生物質を投与する。

結石・結晶を調べて食餌を改善 

おやつなどを止め、処方食主体にする。

尿のPHを管理する 

尿酸化剤などを投与するとより効果的な場合がある。

尿量を増やす 

水分をたくさん容易にとれるように管理する。

結石摘出手術

重症な場合は、症状の緩和のために消炎鎮痛剤の投与などが行われ、溶解できない大きな結石や尿路で閉塞を起こした場合などは、手術で結石を摘出します。

予防

水分をしっかりとること、ストレスを減らし、食事のミネラルやタンパク質の量を適正に保つことです。食べ物の過剰な摂取(肥満)も結石のリスク要因なので、太らせないようにしましょう。

結石ができやすい犬には、結石に応じた予防になる療法食を与えるのも1つの予防手段だと思います。
食事管理は非常に大事なテーマになります。

結石の種類に合った食事に変えることで、体内や尿中に含まれるミネラルバランスが整い、結石ができにくい状態を作ります。

尿石症用に開発された療法食は尿のpHの調整や体重管理、水を多く摂らせるための工夫もされています。犬によっては、食事管理のみで満足のいく治療が可能です。

 

我が家のミニピンは『シュウ酸カルシウム結石』ができ、尿路閉塞を起こしかけた為、結石の摘出手術をしました。

入院期間は2週間、結石による膀胱の痛み、手術による痛み、慣れない場所での生活と、とてもかわいそうな思いをさせてしまいました。また、うちはペット保険に入っていない為、入院・手術・通院費用が大きかったです。入院・手術費用が合わせて22万円、通院費用4万円ほどでした。参考まで。

 

もともとお水をあまり飲まなかった事と、ベビーチーズをおやつとして与えていた事が尿結石の原因だったと思われます。

 

術後、一般的なプラスチックのエリザベスカラーがストレスだったようなので、シャンプーハットで簡易エリザベスカラーを作りました。

スポンジのような素材で柔らかいのでストレス軽減したようでした。

f:id:Hysteric:20190531215648j:plainf:id:Hysteric:20190531215722p:plain

作り方は簡単で全部100均で揃えられます。

・シャンプーハット ・マジックテープ ・両面テープ の材料3個だけ。

シャンプーハットを犬のサイズに合わせて切り、両端にマジックテープを両面テープで貼り付けるだけと簡単なのでおススメです。

 

 フードをヒルズ 犬用 u/d ドライフード 療法食に変え、なるべくお水を飲むようにさせています。術後から3年経ちますが、今のところ尿結石の結晶はできずに元気に過ごしています。

 

*ヒルズ 犬用 u/d ドライフードなど 療法食は太りやすいため体重管理をする必要があります。

 

療養食に変えて1年で1キロ太ってしまったので、ダイエットの為、療養食の量を減らし茹でたささみ肉を療養食に加え混ぜて与え毎日30分の散歩をした事で1年半で1キロ減量させることができました。

ダイエット前の太ってる時(4.2㎏)

ダイエット後、現在(3.2㎏)

あと食後に、無脂肪のヨーグルトを小さじ一杯お水に溶いて与えるとお水嫌いなミニピンはおいしく飲んでくれます。

お水嫌いなワンちゃんにおススメです!

にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking